【高校生物】原生生物とは?〜原核生物とは違う?〜

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

高校生物の中でも、生物の分類って覚える事が多いですよね。

原核生物真核生物菌類細菌類藍藻類などなど。。。

今回はその中でも、問題集や教科書などにあまり詳しく載っていない事が多く、比較的影の薄い(気がする)「原生生物」について紹介していきたいと思います。

まずは、よくある質問の「原生生物と原核生物って違うんですか?」に答えていきましょう。

結論を先に言うと、この両者は全くの別物です!!

原核生物とは、膜構造が細胞内に見られず、その最も大きな特徴は、DNAが核膜に覆われていない事です。(大腸菌、乳酸菌など)

 
そして、この原核生物と対をなし、相反する性質を持つのが、真核生物 

真核生物はザックリと説明すると、DNAが核膜に覆われている生物です。 (動物や植物、酵母など)

実は、今回のテーマである原生生物は、この真核生物に該当します。 

よって、原核生物と異なり、核を有するのです。

ですが当然、全ての真核生物が原生生物に該当するわけではなく、あくまで原生生物は真核生物の中の1種なので、その具体的な分類について説明していきましょう。

とは言え、原生生物の分類は結構ザックリしているので、腑に落ちない方もいるかもしれません。

「原生生物とは、真核生物の中でも、動物や植物以外の比較的単純な構造をした生物である。」

↑これが原生生物の定義です。

正直、これを理解して、あとは生物の具体例さえ知っていれば十分です。

ちなみに、具体例はこんな感じです。→ゾウリムシ、アメーバ、ミドリムシ、緑藻類など・・・

 

ーー両校舎とも新規入塾、受付中です 簿記も受け付けていますーーー

【千石教室】

文京区千石1丁目15-5 千石文化苑ビル3階

TEL:03-6902-1980(受付16:00~21:30)

【西ケ原教室】

北区西ケ原1丁目30-1 東高西ケ原ペアシティ1階

TEL:03-6903-5760(受付16:00~21:30)